互換リンクに関する情報が満載

互換インクは目詰まりしやすいって本当?

互換インクは、純正品のインクカートリッジと比較して目詰まりを起こしやすいと言われていますが、それは本当なのでしょうか。
確かにデータ上は、互換インクカートリッジの方が若干ですが、故障する確率が高くなっています。
しかし、その確率というのはほとんどゼロに近く、気にするほどの差はないのです。
実際に家庭で使う分には、互換インクカートリッジの方が経済的ですし、最悪目詰まりを起こしてしまったとしても、本体自体が数千円で買えるので買い換えればいいだけの話です。
プロ用の高いプリンタでもなければ、目詰まりについては気にしなくても大丈夫です。
その前にプリンタの他の部分がダメになって新しく買い替えなくてはならないはずだからです。
互換商品でも、色彩は豊かで、綺麗に印刷ができます。
実用面で性能差を感じるシーンは全くと言っていいほどありませんから、とにかく出費の抑えられる互換商品を選択するのが一般的になっています。
むしろ純正品を使っている人のほうが少ないぐらいです。

互換インクの目詰まりを防止するには

互換インクの目詰まりを防止するにはカートリッジ部分の定期的な清掃がポイントになってきます。
とくに高頻度でプリンタを使用する環境などでは目詰まりが発生する可能性も多くなるため1週間に1回程度は行うようにするのが理想的です。
メーカーの保守サービスなどを受けることができる場合には3カ月に1回程度の頻度でメンテナンスを行ってもらうすると長期間、安定的にプリンタを使用していくことができます。
とくにインクカートリッジ部分は破損しやすい部分でもあるため交換作業を行う際は注意する必要があります。
粗悪品の互換インクなどの中にはサイズが微妙に合わずに部品の破損や目詰まりの原因などトラブルや故障に繋がるケースもあります。
どのような互換インクを使用するのが良いのかという点もインターネットなどを活用してしっかりと調べておく必要があります。
また一度に大量のプリントを行うこともトラブルの原因に繋がることがあるため注意するべき点です。

check

Last update:2017/4/10