互換リンクに関する情報が満載

互換インクの自主回収がエコに繋がります

現代家庭において、パソコンの普及に伴い、家庭用プリンターの普及率がとても高くなっています。
カメラで撮影した写真を自宅でプリントしたり、必要書類を自宅でコピーすることが出来るなど、とても便利なものです。
しかし、純正インクは購入価格が高いこともあり、互換インクを使用する人も少なくありません。
品質面においても、純正インクとそれほど変わりはなく、コストパフォーマンスが優れているため、気軽にプリントできると言うメリットがあります。
また、外観やデザインは純正インクと多少異なるものの、使用方法は全く同じため、使い方にとまどうこともありません。
しかし、やはり消耗品であるため、互換インクも使い終われば空になり、処分に困ることもあります。
そんな時には、自主回収サービスの利用が便利です。
回収されたカートリッジは、洗浄などが行われ、再度インクを詰めて流通させることもあるため、廃棄してしまうよりも、エコロジーに繋がります。

回収タンクを利用した激安互換インク

互換インクは、回収したインクタンクにトナーやインクを詰めて販売されている互換品です。
インクタンクは、通常メーカーに引き取られていきますが、互換性があるインクを販売する業者がインクタンクを買い取って再利用しています。
品質も純正品のインクと遜色ないもので、モノクロだけでなくカラーバリエーションも豊富です。
業者に買い取られたインクタンクは、インクを補充するための工場に集められ、傷や汚れがないかチェックされます。
チェックが済んで再生可能と判断されたものだけが再利用され、痛みや汚れが酷いものは破棄されます。
インクタンクの部品が欠損しているものは他のものから部品を補填されて再利用されます。
インクが充填されたものはランダムに印刷の実地検査をされ最終チェックにかけられます。
プリンターや複写機を製造しているメーカーが販売している純正品のインクに比べて、インクタンクを回収して再利用した互換インクは価格が大幅に安いのが特徴です。

pickup

2017/4/10 更新