互換リンクに関する情報が満載

互換インクを使用した場合の安全性

互換インクとはプリンタのインクの一種です。
メーカー以外のインク業者が製造、販売しているもので、見た目はあまり変わりがなく、メーカー品の代わりに使うことができます。
対して、プリンタメーカーが各機種に合わせて販売しているインクを純正インクといいます。
比較すると、純正インクの方が価格が高めになります。
互換インクの製造業者はメーカーの容器をリサイクルして洗浄したものに、新しいインクを詰めたり等、コスト削減の努力をしているため、価格が安くなる仕組みになっています。
比較的安価なため、安全性に疑問を持つ方も見受けられますが、インク製造業者側では、退色やプリンタを使用したテストを何度も行っていて、純正品と遜色ない結果が出ています。
不具合があった場合は、速やかに対応している業者もあります。
まれに互換インクを使って目詰まりを起こしたという事例もありますが、何ヶ月も使用しなかったためにノズルが詰まってしまったのが原因と見られることも多く、使用しても問題なく、安全性は保証されています。

互換インクの安全性は、大丈夫?

日常の中で、書面を印刷する事は多いですよね。
毎回、コンビニやスーパーに行くのは、面倒。
安価なものであれば数千円なので、一家に一台所有しているご家庭も多いと思います。
その中で、気になるのが「インク代」です。
1セットを常に入れておく必要があります。
そして、全く使わなくても数ヶ月経つだけで、インク切れになり、新しく買い揃えないといけません。
しかし、印刷機の中の部品の乾燥を防ぐ為、常に入れておく必要があります。
一色1000円くらい。
時々しか使わない場合、悩みの種になります。
そのような時に、選ばれているのが「互換インク」。
「リサイクルのインク」の値段は、数百円。
ただ、問題視されているのが、安全性。
印刷機の保証書には、メーカーの「純正インク」を使用した場合しか、保証はしないと明記され、印刷物の画質も心配です。
個人の判断に任せられていますが、ちょっとした書面を印刷する場合など、使用用途によっては、最適な商品かもしれません。
だからこそ、それでも店頭に並び続けているのでしょう。

おすすめWEBサイト 5選

Last update:2017/4/10